四国化成建材事業サイト

いつもの場所を、価値ある空間に。四国化成建材事業サイト

  1. HOME
  2. エクステリアのいろは
  3. オープンデザインとクローズデザイン

オープンデザインとクローズデザイン

エクステリア デザインのスタイルは、開放感重視の「オープン デザイン」、プライバシーやセキュリティー重視の「クローズ デザイン」、両者の良さを取り入れた「セミオープン/セミクローズ デザイン」の三つに大別することができます。

オープン デザイン 解放感重視のエクステリア。

道路との境界を塀や柵などで仕切らないスタイルのエクステリア デザイン。一般的に、玄関までのアプローチの途中に門扉を設けず、表札、ポスト、インターホンなど必要最低限の機能を持たせた門柱などのパーツにより構成されます。開放的でのびのびとした印象が特徴。植物を多用するなど、街並みへの配慮、そして防犯性やプライバシーの確保に注意が必要です。

オープン デザインのエクステリア

クローズ デザイン プライバシー重視のエクステリア。

接道部(敷地が道路に接している部分)や隣地境界部など、門柱、門扉、塀や生垣などで敷地の外周をすべてクローズ(閉じる)するスタイルのエクステリア デザイン。近隣を気にせず、庭でプライベートな時間を、ゆっくり過ごしたい場合に有効です。また、安全・防犯対策がとりやすいというメリットもあります。

クローズ デザインのエクステリア

セミオープン/セミクローズ デザイン 解放感とプライバシーを両立。

開放感と、プライバシーやセキュリティーといった、「オープン」「クローズ」両方の良さを取り入れたスタイル。実際の物件には、完全なオープンや完全なクローズは比較的少なく、多くのエクステリアが、このタイプに分類されます。駐車スペースをオープンにし、敷地の外周をフェンスや低めの塀で軽く囲うといった手法があります。「セミオープン」と「セミクローズ」の区別は、厳密なものではありません。

セミオープン(セミクローズ)デザインのエクステリア

ページトップ