四国化成建材株式会社 四国化成建材株式会社

いつもの場所を、 価値ある空間に。

  • HOME
  • 四国化成ブランド

いつもの場所を、 価値ある空間に。

たとえば、自宅にいながら、
屋外の気持ちよさを満喫できる場所があったなら

心地よい日差しやそよ風を感じる空間で、
趣味に夢中になったり、
気の合う仲間が集い会話が弾んだり、
とっておきの場所になる。

また、家族が集い時間を共有する場所が、
落ち着いた塗り壁で仕上げられていたら、
穏やかな心地よさが家族を包み込み、
そこで過ごす時間は
ゆっくりと流れるだろう。

いつもの場所を、そして人々の暮らしを、
少し豊かにしてくれる。
そんな価値のある空間づくりを
四国化成がお手伝いします。

Mission

今までに
なかったものを。

私たち四国化成は、
よりよい生活とさらなる使いやすさを追求し、
柔軟な発想力とそれを具体化する開発力により、
独自の製品を世に送り出してきました。

1970年に、画期的な製造方法による
業界初の塗り壁材「JULUX」と
独自の発想から生まれた
「アコーディオン門扉」を開発。
建材業界の常識を打ち破り、
新たな市場領域を開拓しました。

先進のデザインや機能性、
そして安心して使える高品質により、
街並みや住まいに
心地よさと美しさを提供していく。
それが、私たちの使命です。

Vision

一歩先を開発する。

人と車にとっての利便性を追求し、
画期的な構造とデザインが生まれた「カーポート」。

重くて危険な塀を軽く安全にするために、
アルミで軽く簡単に施工できる構造にした
「アートウォール」など、
私たちは、課題やニーズに対して「一歩先」を
見越した開発を進めてきました。

ひらめいた可能性を諦めることなく、
一歩先の未来を見据えて「本物」を追求していく。
その強い思いが、
四国化成の開発力を支えています。

Value

見えないニーズを
ワクワクに変える。

暮らしのなかでさまざまな役割を担う建材には、
より機能的で使いやすいことが求められます。
けれども、それだけで十分といえるでしょうか。

たとえば、「ゴミストッカー」は
ゴミの分別収集化など社会環境の変化をうけて
「こんなものがあったらいいな」を形にした商品。
今や「ゴミストッカー」という名称は
世の中に浸透し、
人々の暮らしに欠かせない商品となっています。

私たちは、見えないニーズに着目し、
ワクワクと心が躍るような提案で
課題を解決することで、
より豊かな暮らしの実現を目指します。