四国化成建材事業サイト

いつもの場所を、価値ある空間に。四国化成建材事業サイト

  1. HOME
  2. 塗り壁のいろは
  3. なぜ塗り壁? 日本の風土に最適

なぜ塗り壁? 日本の風土に最適

塗り壁の魅力として、意匠性と並び、その優れた機能性があげられます。身近な天然素材と左官職人の技が、長い年月をかけて育んできた日本の塗り壁。まさに、日本の気候風土や日本人の生活習慣に最も適した内装材です。

調湿性  室内の湿度を適度に保ち、結露も防止。

四季の移り変わりがあり、梅雨もあり、高温多湿な日本の風土に育まれた塗り壁は、優れた調湿性を備えた内装材。
湿度が高いときは湿気を吸収し、湿度が低いときは湿気を放出します。そのため、室内は適度な湿度に保たれるとともに、結露の防止が期待できます。

湿度コントロール 4ℓの湿気を吸収し、快適空間に。
塗り壁は呼吸しています 吸湿比較
吸放湿性能 試験方法

断熱性  夏場の日射しをカットし、熱気の侵入を遮断。

「塗り壁の部屋は、夏でも涼しい」というお施主様の声を、よくお聞きします。断熱性に優れた塗り壁(外壁)は、夏場の照りつける日射しを遮断して熱気の侵入を防ぎ、冬は暖かい空気が外へ逃げるのを防ぎます。室内の温度を快適に保つ塗り壁は、空調コストの軽減にも貢献します。

省エネ効果も期待できる断熱性能

防火性  土や砂が主原料だから、燃えにくい。

天然の土や砂を主成分とした塗り壁は、無機質不燃材からなり、防火性に優れています。襖や障子などの紙素材をはじめ、燃えやすい素材が多く使われていると言われる日本家屋ですが、燃えにくい塗り壁で内部を仕切ることにより、防火性が確保されるのです。

燃えにくい防火性

吸音性  音を効果的に吸収し、話し声などの反響を軽減。

優れた吸音・防音性も、塗り壁の特徴です。下地材の上に、塗り重ねられた土や漆喰などの層が、音を効果的に吸収し、余分な反響を軽減。さらに、外からの騒音を抑制し、外に漏れる音量も抑える塗り壁は、日本の住宅事情に合った内装材と言えるでしょう。また、数値では表わせない静かな落ち着き感は、塗り壁の部屋ならではのものです。

音が響かない快適性
塗り壁ラインナップはこちら

ページトップ